環境に配慮された紙


廃棄物の有効活用
バナナペーパーは今までは廃棄されるだけだったオーガニックバナナの茎から繊維を取り出し、日本の和紙の技術を用いて生産しました。
1年以内に再生するバナナの茎は、環境負荷が少ない上質な原料です。

森、野生動物、生物多様性を守る
世界では毎年、日本の国土面積の1/3ほどの森が失われています。バナナペーパーの原料は木を切る必要がないため、森林保護につながります。
地球の動物の約50%が森に住んでいるため、バナナペーパーは絶滅危惧種を含む、野生動物の生息地を守ることにつながります。

作ってくれた人の暮らしや健康を支えます



貧困の解決につながる
ザンビアの平均寿命は55歳(日本は約83歳)、この原因のひとつが貧困です。安全な飲み水や栄養のある食事が手に入りにくいこと、病気になっても病院にいけないこと。
バナナペーパーの生産でアフリカに雇用を生むことが貧困解決につながります。

子どもや女性の教育を支える
アフリカでは、3千万人の子どもたちが学校に行けず、女性たちの40%以上が基礎教育を受けられません。
ザンビアのバナナペーパーは売り上げの一部を教育支援にあて、女性たちが教育を受けたり、バナナペーパーからの収入が子どもの就学につながっています。

フェアトレードとは?


One Planet PaperR(バナナペーパー)はフェアトレード商品です。
フェアトレード(公平貿易)は、その商品をつくる人の生活や環境に配慮し、サポートする公平な貿易を国際的な基準で実施する仕組みです。
貧困を改善するための公平かつ安定した給料の支払い、オーガニックな原料の利用促進、森林の保全、子どもの児童労働禁止と教育支援などが求められています。
また、商品の売り上げの一部は生産者に還元し、その地域や人々の持続可能な発展への支援に使われます。

名刺のページへ戻る

あなたの名刺をバナナペーパーで


生物多様性とサスティナブルな世界をデザインした名刺箱がついています。
 ※箱はバナナペーパーではありません。

バナナ名刺ってなに??

「バナナ」は3ヶ月〜8ヶ月で成長し、1度実をつけると枯れ、またすぐに芽を出す多年草。
バナナ原産国では、収穫時に根元から切り倒し、ゴミとして大量に廃棄しています。
しかし、実はその茎の繊維が、紙の原料となる「パルプ」を作るのに適しているのです。
そこで、薬品を一切使わない製法で茎をパルプ化、古紙を74%混ぜ、名刺用紙を作製いたしました。
これが「バナナ名刺」です。

名刺の紙はバナナ繊維22%+竹4%+古紙74%で出来ています。
紙の元となるパルプを作る工程では色々と化学薬品を使うのが一般的ですが、このバナナ名刺は無薬品非加熱、水だけでパルプを作ります。
バナナ名刺は原料だけではなく工程も地球にやさしいのです。

ビマトプロストとは